アルミ製ステージとは?

アルミ製ステージは、天板を乗せるだけで簡単に、舞台を作ることができます。イベント会場など演台ステージを用意したいときに活用することができます。

イベントショーの定番を比較!キャラクターショーと大道芸の違いとは?

着ぐるみが登場するキャラクターショー

キャラクターショーとは、遊園地やデパート、イベントなどで着ぐるみを着用して行われる催し物のことです。キャラクターショーには大きく分けて、戦隊ヒーローが登場するアクションショー、女の子をターゲットにしたキャラクターが登場するメルヘンショー、アニメキャラクターが登場する着ぐるみショーの3種類です。

歴史が古く、芸の種類が豊富な大道芸

大道芸では、街頭や広場などで、屋根など覆いがない外ときには仮設の小屋で芸をみせて見物料を受けたり、芸を見せながら商品を売っています。日本の大道芸の歴史は古く、室町時代にも大道芸人がいたといわれており、江戸時代には浅草の見世物や手品、新潟地方や津軽地方にて大流行していました。現代では大道芸で取り扱われる種類が増え、アクロバットやバルーン、コメディ、ダンスなどエンターテインメントの高さが再認識されています。

耐久性が高く軽い

舞台

アルミ製ステージは、アルミでできた骨組みを組み合わせて、人や音響設備などを乗せても問題のない高台を用意することができる道具です。基本的には複数の骨組みを組み立て、その上に天板を乗せるとステージが完成します。具体的な組み立て方法はアルミ製ステージによってさまざまで、骨を1本ずつボルトで締め付けていくものもあれば、蛇腹状になっていて、広げるだけで設置の大部分が完了するものもあります。また、天板と骨組みがすでに一体化していて、キャスターによって移動させて、その場ですぐに舞台を用意できるアルミ製ステージもあります。組み立てるタイプのアルミ製ステージだと、専門家の技術を必要とする場合がありますが、折り畳みタイプだと、専門的な技術がなくても設置できる可能性があります。アルミ素材は高い耐久性を持ちながら、非常に軽いのが特徴で、持ち運びの負担が少なく済みます。そのため、保管場所から出し入れしたり、組み立てたりする作業がスムーズにできるのが強みです。さらに、鉄のように錆びることもなく、長期的な使用が可能です。

一時的に高台が必要な時に

作業員

アルミ製ステージは、主にイベントを行う際に使用し、メインイベントのための高台を用意することができます。高さは数十cmから1m以上まで色々ありますが、高いステージ上でイベントを行うことで、装飾や出演者などが遠くからでも見やすくなります。また、ステージの縁が境界線になり、イベント側と客席側を分けることも可能です。そして、そのような高い場所を一時的に用意したい時にも、アルミ製ステージが選ばれやすいです。アルミ製ステージは取り扱いが容易で、短期的な設置に向いているからです。さらに、ステージを何度も設置しなければならない時には、大掛かりな工事を必要としない折り畳み式のアルミ製ステージを使用することが多いです。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中